おもてなしなどカニをご馳走したい時はカニの産地からお取り寄せ

かにを茹でるのは、保存も利くし、食べる人が好きな味をつけられる調理法ですね。

おいしく茹でるには白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。

塩分は濃くしないことを心がけて、塩気をつけています、という程度のゆで汁で結構です。

立派なかにで、もしも鍋より大きかったら、鍋に入る大きさに分けて鍋に全て収めてください。

お湯や鍋が汚れない程度に、全体をきれいにしておくと衛生的ですね。

おもてなしなど、かにをご馳走したいとき、かにの産地からお取り寄せできるインターネットのサイトを利用してはいかがでしょうか。

おいしいかにを探すのはなかなか大変ですが、インターネットなら、産地直送のおいしいかにも手軽に購入できます。

産地ならではのお買い得のかにが見つかるかもしれません。

きっと味も量もお得なかにが見つかるでしょう。

ネット通販を試してみればお財布もお腹も満足できます。

かにのお歳暮、もらった方は喜ぶでしょう。

かにを買うときには、お店には内緒の注意点があります。

実にありがちなことですが、店頭には多くのかにが並んでいるでしょうが、手間を惜しんで店側に選ばせてしまうのはいけません。

自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、プロの見る目は確かだろうと思い込んでしまうと、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。

生鮮食品を贈るわけですから、信頼関係のあるお店で買いましょう。

通販によくある話ですが、かにを買うときも自宅で保管できない量を買ってしまうということです。

通販がなかった時代のように、実際の店舗でしか買えなければ実際の数がはっきりわかるので、買いすぎは未然に防げることでしょう。

しかし、通販の写真ではかにの大きさをリアルに捉えられず、宣伝にのせられて買ってしまい、届いてその量に青ざめたという人は皆さんも聞いたことがあるでしょう。

どうか同じ失敗は繰り返さないでくださいね。

いつもの食卓に、かにを並べただけでうきうきしてきたという思い出はたいていの方がお持ちでしょう。

丸ごとのかになどあった日には、家族全員の笑顔が見られたでしょうね。

近所のスーパーでかにを買おうとしても、一匹丸ごとのかにはそうそう売っていません。

かにを丸ごと買うなら、通販という手があります。

安い、新鮮、規格を選べるという利点があるので、どうぞお試しください。

家族のお祝いや年末年始、ちょっとしたパーティーなど通信販売でのかに購入には色々なきっかけがあると思います。

かにをお取り寄せなんて贅沢な話ですが、わざわざお取り寄せをするからにはメリットがあるということです。

かにの重さって相当なもので、自分で買ってくるには限界があります。

大量買いができるのはお取り寄せならでは。

何人分でも大丈夫です。

何キロでも好きなだけ買うことができますし、宅配便の軽快なフットワークでどんな山奥でも玄関まで大きさ、重さに関係なく運んでくれますから手間がかかりませんね。

あとは玄関から冷蔵庫までの間だけ運べばいいのです。

手間がかからず楽チンですね。

新鮮なまま名産地から直送された最高の状態のかにをレストランに出かけることなく家で美味しく頂けるのも通販ならではのメリットでしょう。

直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、北海道と答える方が多いでしょう。

まあ、当然といえば当然でしょう。

現在、日本で毛蟹を買おうと思えば北海道に限られるのが現状だからです。

日本では、その他にも多くの種類のかにがとれます。

そこで本土でも色々な種類のかにが水揚げされる産地を思いつくのではないでしょうか。

一つの例として、ズワイガニなら松葉ガニといわれるくらい鳥取産がおいしいことで知られています。

かに通販の目玉として、ポーションが多いと思いませんか。

殻をむき、中身を取り出したという品です。

むき身のかにだといえます。

すぐに調理に使えるというのも強みですし、大きさではじかれた品や、殻が割れたものなどを使っているので加工してあるのに比較的安いと、お財布にもやさしいのです。

今の世の中、何とかして人を騙してお金を手に入れようと思う人があふれていて、そのアイデアは尽きることなく、今の新手はなかなか食べる機会のないかにを食べたい気持ちを煽り、通販を騙ってお金を出させる詐欺です。

オレオレ詐欺のように自分は大丈夫と思っていても、アンケートと言われるとつい警戒心を解き相手の術中にはまってしまいます。

電話でのやりとりの欠点として証拠が残せないものの、断ったつもりで安心していると忘れた頃になって、かにの入った大きな荷物が届き、中に入っている請求書にあ然とします。

返品しようにもクーリングオフの対象外と断られ、泣く泣くお金を払うことになってしまいます。

買いたくない人に売りつけるのとは違いますが、買いたい人がかにを選ぶときに実物よりランクの高い写真を見せておいてまるでどこかの国で発覚した杜撰な食品管理の話のような、衛生的とは言えない品質のものを送ることまであるそうです。

これも立派な詐欺です。

美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。

人を見たら泥棒と思えなんて寒々しい考え方は好きではありませんが、被害にあわないためにはそれくらいの覚悟で生きて丁度いいのかもしれません。

かにの味は、国産と外国産で違うのでしょうか。

タラバガニを食べ比べすると、おおむねどこでとれてもまあ同じ味と一般に知られています。

ただ、ズワイガニでは、味で産地がわかるという説が主流です。

国内でもズワイガニは産地の名がブランドになるわけで、獲れた地によって味が変わることが知られていて、国内でもそうですから、外国産は全く別の味だと思うべきでしょう。