解凍はおいしく食べる決め手の一つなので焦らずゆっくり解凍

美味であることで有名な上海ガニはそのまま蒸すほか、小籠包に入れても主役級の存在感で、超有名ブランドがにの一つです。

チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産でいたるところに生息しています。

その生命力は強く、雑食で外来種として持ち込まれた場合、生態系が変わってしまいます。

放置すると拡散の可能性が大きいので、上海ガニの生体や卵が取引されないよう制限をかけている国もあります。

活かには下ごしらえしてから茹でましょう。

きれいに洗ったら、30分程度水につけます。

ここからは軍手着用です。

腹の三角形部分を外して、甲羅と半身が分かれやすくなるよう、関節に切れ目を入れましょう。

次に甲羅と半身を離します。

両手で持って、半身、また半身と外していきます。

半身を外すと黒い部分が残るので、きれいに取り除いて待望のかに味噌を出します。

脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。

殻に切れこみを入れたり、脚の内側を薄くそいでおくと、食べやすいですね。

文字にすると難しそうですが、とにかく挑戦してください。

種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので丁寧に解凍しない方もいるでしょうが、解凍はおいしく食べる決め手の一つなので焦らずゆっくり解凍しましょう。

冷凍かにを最高の風味で味わうために忘れず行いたいのは冷凍庫からすぐに室内に出さずに冷蔵庫で解凍することです。

冷蔵庫ならば水っぽくならずに解凍できるので、しっかり覚えておいてください。

かにを食べたい、でも高くて何度も食べられないと一度は考えた方がたくさんいるでしょう。

方法はいろいろありますが、確実なのはご近所と一緒にある程度の量をまとめ、市場で直接買えば文句なく安く買えます。

交通費と手間はかかりますが、安さと新鮮さを追求するならおすすめできます。

それから、通販の利用も増えています。

産地から直接手に入れられ、買いに行く手間を省いて安く入手できます。

通販だと、お店で買うのと違って持ち帰る負担がないので大量に買っても大丈夫です。

一定以上の量を注文すれば、激安価格も夢ではありません。

目一杯の値引をねらっている方は、一緒に買いたい人をたくさん集めて
かに通販で一括購入するという大技を狙ってください。

一応言っておきますが、大量注文の結果、ものが届くと全てのかにはお宅にあるわけで、そのための冷蔵庫か冷凍庫の用意をしておいてください。

どんなかに好きの人も迷ってしまうくらい、通販は文句のつけようがありません。

通販に慣れていない方からすれば、実際に見ないで選ぶのは難しく、写真を見るだけで時間を費やしてしまうかもしれません。

そんなときの強い味方が、ネットなどの人気ランキングで、いくつかのぞいてみてください。

誰が見ても味、価格が優るかにはさすがというべきか、どこでもランク上位にがんばっているのです。

お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならば気をつけてくださいね。

実にありがちなことですが、おいしそうなかにが揃っているなら特に、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。

どれを選んで良いかわからないからでしょうが、プロの見る目は確かだろうと思い込んでしまうと、鮮度の落ちるかにや、身の詰まっていないかにを贈ってしまうおそれがあります。

贈答用のかには特に十分信頼できるお店を選んでください。

紅ズワイガニというと、ズワイガニに比べたらおいしくないともっともらしく言われますがそれは思い込みかもしれません。

紅ズワイガニを食べたとき、他のかによりおいしいものにあたったことがないとすればそれは気の毒です。

おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。

新鮮な紅ズワイガニの味と言えば、誰もがおいしいと言います。

なかなか新鮮なものを食べられないため素直においしいと言われにくいのでしょう。

その昔、ごく一部の裕福な人々のものだったかにも、今やちょっと奮発すれば手の届く時代です。

お手軽な通販でかにを注文することが出来るのは、うれしい限りですが、結構な頻度で、後悔する破目に陥ることも珍しくありませんでした。

その多くは、かにの大きさや傷、割れなどの見た目や身のつまり具合、味などの質に関するもの、次いで通販会社に関する問題ですが、かにが届いてしまってからあれこれ文句を並べ立てるよりも、失敗を避けることができる最善の方法は通販の会社を見て判断する代わりに全国のユーザーの口コミやレビューで判断し、探せばきっといいお店に出会えるはずです。

ちょっと怖い気がして敬遠していたSNSも使いようによっては役立つ可能性があります。

思いもよらない収穫があるかもしれませんよ。

毛蟹の選び方、チェックポイントをお話しします。

まずは、寒い時期に獲れた毛蟹を選んでください。

寒い時期に最も身の詰まった、大きなこの時期に獲れた個体を買いたいものです。

見て選ぶとき大切なのは見た目もそうですし、触ってみた感じや手にしたときの重みも大事です。

通販では難しいですが、できるだけ新鮮そうな、重たいものを選びましょう。

身が詰まっている様子は見た目にもわかりますし、持ってみれば直に感じられます。

また、店舗での購入、通販を問わず、評判のいいお店はよいかにを売っている可能性が高いです。